スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅳ号戦車J型(mid)製作記(4)

3連休を利用して、一気に組み立てが完了しました♪

CIMG3536.jpg   CIMG3541.jpg   CIMG3542.jpg

車体と足回りさえ組んでしまえば
あとはそんなに苦労したり悩んだりするところは少なかったです。

・・・が、ジャッキとシュルツェンステーが
なにをどうやっても干渉してしまい、
結局強引に、ちょっとシュルツェンステーを変形させつつとりつけました。
先にジャッキをとりつけてしまうと(たぶん)ステーが取り付けられないと思います。
とはいえジャッキやステーの取り付け位置自体を間違えている可能性もあるので
なんとも言えないところですが・・・

CIMG3537.jpg   CIMG3539.jpg

あと、砲塔背面のバスケットの基部パーツC2とC3、
多分これ説明書のパーツナンバー、逆です。
ダボの位置形とかから考えると逆なんだと思います。

それとシュルツェンですが、
砲塔側のはピッタリと苦もなくついたのですが
車体側の方は結構ステーとの合いがタイトで
何度もシュルツェンをつける → 取付け部が吹っ飛ぶ
を繰り返して、なんとか取り付けました。
(とはいえ塗装時にもう一度外さないといけないんだよな~)
瞬間接着剤で取り付けましたが
もっと強力に取り付けできる、
クリアーボンドみたいなもので接着した方がいいのではないかと思います。

とはいえ一通りの工作が完了して
組み立ての完了です♪

CIMG3543.jpg   CIMG3544.jpg   CIMG3545.jpg

これからサフ吹いて、塗装・・・なんですけど、
天気とかを見ながらの作業になるし、
また悪い癖でもう少し組み立て完了品がたまったら
まとめて塗装工程に入ろうかと。



で、次は対空兵器コン用の38(t)対空戦車を作り始めようかと。
(バナーを貼ろうとしているんですけど、
 なぜか上手くアップできません(汗)
 バナーを貼るとフリーエリアが真っ白になるんだよな~?)

38(t)対空戦車の製作開始で
ますます、艦船模型への復帰が遅れますな~(苦笑)




今日はここまで
  


スポンサーサイト

Ⅳ号戦車J型(mid)製作記(3)

車体がほぼ完成しました(^^)

Ⅳ号J091230-1   Ⅳ号J091230-2   Ⅳ号J091230リア

履帯の組み付けは片側大体40分くらい。
説明書通り99枚つないで誘導輪でテンション調整して組み付けました。

・・・が、あらためて見てみたところ、

Ⅳ号J091230右履帯

履帯の向きを間違えて履かせちゃってます(大汗)

もはやいまさら直せないし、
仕方ないのでこのまま完成させます(泣)
取り付ける前にちゃんと向きを確認しないとダメですね。

あと、転輪の取り付け位置がそろっていなかったようで
浮いちゃってるところがあります(汗)

Ⅳ号J091230右履帯浮き

転輪基部の取り付け時にちゃんと水平をとらなかったのが災いしてしまいました(泣)

ちょっとでも手を抜くと後から必ず響いてきます(汗)

それと牽引用?のパーツA30ですが
非常に合いがキツかったのでヤスリで若干削って調整しました。
それでも力まかせで押し込んだので、
少し部品が変形してしまいました(汗)

汗をかいてばかりですが、
だんだんと格好がついてきました。
あとは車外装備品のいくつかとシュルツェン架けをつければ車体は完成。
砲塔側の製作にかかります。

今年はここまでで製作収めです。


今年も色々な方々にお世話になりました。
あたらめて御礼申し上げますm(_ _)m
また、あわせてこんなブログに訪れてくれた皆様にも
心からお礼申し上げさせて頂き年末のご挨拶とさせて頂きたく思います。



それでは今年はここまで。
それでは皆様良いお年を。

Ⅳ号戦車J型(mid)製作記(2)

先週は週の後半から体調を崩してしまい、
あまり進められていませんが・・・

なんとか車体が組み立てられました。

Ⅳ号1222


とはいえ排気ルーバーのパーツの噛み合せで
ほんのわずか(0,1mm)くらいのスキマを作ってしまった為に、
排気ルーバーのパーツ後端が車体から浮いてしまいました(汗)

Ⅳ号スキマ


ルーバー部品の噛み合せがキツイと感じたので
ヤスリで調整したのですが、それが不十分だったのが原因のようです。

車体の前のほうから接着していったのですが、
後部をつけようとするとどうしても浮いてしまったので
力技で強引に接着してしまいました。

で、現在は足回りを組み立て中なのですが、
(面倒くさい転輪の処理は済ませました)
サスペンションに取り付けるA48のパーツ、
この中に突起が出ている為に、これを削らないと浮いてしまいます。

あと、操縦席前面のガラスカバーのパーツも
キツくてはまらなかったので削って強引に取り付けしました。

あらためてスマートキットの手強さを痛感しております。
ただ、ここまでたどり着ければ
車体に関してはあとは細かい装備品とかの取り付けかと思うので
ホッとしております。
砲塔側はどうなのかな~





今日はここまで

Ⅳ号戦車J型(mid)製作記(1)

新しく発売になったドラゴン社の
Ⅳ号戦車j型(中期型)を買ってきました(^^)

Ⅳ号Jmid

で、珍しい事に早速組み立て開始です。
他にもⅣ号戦車系、色々買っちゃってるので、
今後の為にも?実験的に作成して、
色んな注意点を今後の製作に生かしていきたいと思います。

で、今のところの進み具合はこんな感じ。

Ⅳ号Jmid091213車体

ここまでたどりつくのに大体5~6時間かかっています。
あちこち微調整しながら慎重に組み立てたのですが・・・

Ⅳ号Jmid誘導輪基部

誘導輪の基部?の穴が小さくて
誘導輪の支柱?が入りません(汗)
強引に中の穴を削って広げてなんとかパーツがはまるようにしました。

あと左のリアフェンダーが曲がっちゃってます。

Ⅳ号Jmidリアフェンダー

これは恐らくリアの装甲板がきちんと奥まで入っておらず、
若干(0,2mmくらい)左側が浮いているのが原因と思います(汗)

さらに写真は撮っていませんが
車体上部を仮組みしてみたところ、
車体内に取り付けた位置決めの為の板を若干後ろよりに接着してしまった為に
削って調整しないと浮いてしまうようです。



う~ん、色々と基本作業をしっかりやりつつ、
仮組みを繰り返していかないと
あちこちに問題が発生してしまいます。

なかなか手強いですが、
まー頑張って作っていこうかと思います。



今日はここまで



あ、あとこんなのが発売されるようですね。
う~ん、買いなのかなぁ(対空コン用?)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。