スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長良製作記(11)

今日は珍しく模型雑誌を購入してきました。
付録が目当てで・・・って「学研の科学」みたい(笑)

モデルグラフィックス誌のファインモールド社機銃がお目当てです。

FM機銃


これ、すんげぇー!

エッチング機銃と同じくらいの大きさで、プラなのにちゃんと座席とかも再現されてます(@_@)
しかも、エッチングと違って銃身のペナペナ感もないし、
ちゃんと放熱部とかも再現されてます。
ただ、惜しむらくは「コスト」が高い事。
エッチング機銃と違って組立の手間いらずですが、
ランナー1枚で連装2機、3連装4機じゃ駆逐艦1隻分にしかなりません。
また、大戦後期の機銃増設時に使おうとすると単装機銃もファインモールド製にしないと
妙に違和感が出てしまいそうです。
大戦前期の仕様にしようとしても
13mm機銃搭載艦だとエッチングとどちらを使うか悩む事になりそうです。
まー、いずれにせよもったいなくて使えませんが(^^;)
(陽炎型でもまた作る時に使おうかな~)



さて、今日は長良の煙突周りの蒸気捨管を写真を見ながら
0,5mm真鍮パイプを使って取り付けてみました。
また、前マストには砲戦指揮所を取り付けました。

長良082後方より

長良0827前方より

前回ちょっと悩んだ後部見張所は、
「名取」他の写真からなかったものと判断しました。
逆で覚えていて、ほとんどの艦で開戦時には撤去されていたようですね(汗)


あと残るは前マスト上部の組立です。
それが終わると・・・マスキング地獄に突入してきます(汗)


さっ、今日はここまで。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。