FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュノー製作記(1)

長良完成から間もおかず、
続いては

CL-52 ジュノー

の製作に入ります。

日本艦は工作を楽しみ、
米艦は塗装を楽しむつもりで作っていますので、
基本素組みで作る予定です(っていうか資料とかもありませんし)。

ジュノー箱


ちょうど1年くらい前(だったと思う)、たまたま入った模型屋で見かけ、
箱絵のあまりのカッコよさに衝動買いしたキットです。

初めてドラゴン社の艦船キットを組むのですが(飛行機では経験アリ)、
例によってやってくれてます。

ジュノー説明書

「つや消しブラワワ」? ← (小さい『ワ』が打てない・・・)
「ツャイソレッド」?

発音すら不能です(笑)


さて、それはさておき組立に入るわけですが
船体も仮組みしてみたところ、
ありえないくらい反り返っています。
船体後部がいくら手で修正しても納まらないほどそっくり返ってます(汗)

どうしようかと思案のすえ、
NAVY YARD誌Vol8の矢萩氏のアクリル板加工のページや
他、様々なHPを参考に
アクリル板にビスで固定して、
矯正治療してやる事にしました。
(上手くいくかはわかりませんが)

まずはその準備として
船体に適当に1mm厚のプラ板を
どっぷり接着剤をつけて取り付けました。
これが補強になるそうです。
このまま乾燥するまで1,2日ほっておきます。

0927ジュノー


アクリル板は手持ちにあった3mm厚の物を使用します。
やはり適当に位置決めをして、1,5mmのピンバイスでビス穴を開けました。
とてもアクリル板は硬いので、力が必要です。
おかげで指にマメができてしまいました(^^;)

船体の加工をしている間に
上部構造物や武装を作って行きたいので
外国製キットの為、一応、念のため、
明日はパーツと一緒に風呂に入って洗浄しておこうと思います。



今日はここまで


スポンサーサイト
コメント

No title

前に建造したオークランドがそうでしたけど船体のパーツを組むとまるでバルジがあるかの如く段差が出来るので処理がかなり面倒になると思うので頑張ってください

No title

>蒼月さん
仮組みしてて気付いてましたが
やっぱり、あの段差はないものですか!
こりゃ~、船体の反りの矯正とあわせて、
段差の処理など船体で大分手間取る事になりそうですね(汗)

No title

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:USS_Atlanta_(CL-51).jpg

この写真を見て分かるようにバルジのような段差は見受けられません
パテとタイラー(というヤスリが便利 イエサブで売ってます)を駆使してやるしかありません(苦笑

艦首もベルマウスとか手を加えてやると良いかと思います

No title

>蒼月さん
左右均等に、キレイにヤスリがけ大変そうですね~(汗)
他にも艦首付近が荒れていたり、ヒケも見られたりで大変そうです(大汗)

風呂でパーツを洗ってて体が冷えたのか
風邪をひいてしまってます(泣)
復旧したら、頑張ります~(^^;)

No title

風邪をひいてしまわれましたか
早く治りますように

No title

>蒼月さん
ありがとうございますm(_ _)m
どうも、今の風邪は鼻とクシャミから始まるようです。
気温変化も激しいので蒼月さんもお気をつけ下さい。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。