スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照月製作記(3)

早いもので照月の作成にかかってから
はや2週間が経過しました。
なのに、今だに船体の工作が終わりません。
フルハル化なんかしなければ良かったと
ひそかに嘆いております。

でも、作り始めたからには初志貫徹で、
ここ数日はひたすら船体を削っていました。

ようやく段差もなくなり、
パテでの修正もほぼ終わりました。
結局艦尾はポリパテを盛って、1mmほど延長しましたが、
図面と違い、船底とのエッジが丸みを帯びてしまってます。

照月1215-2

あとの形はそれっぽく出来たので、
これくらい目をつぶって先に進む事にします(え



艦首の方はアンカーレセスの位置が後ろ過ぎるので、
図面の位置に彫りなおしました。
右舷側はそれっぽくできてますけど、
左舷側はいびつになってしまったのでお見せできません(汗)

照月1215-1

あと、使ったのが冬月の簡易型艦底パーツなので、
秋月らしく艦底先端に丸みをつけさせました。

艦首フェアリーダーはプラ板に1mmピンバイスで穴を開けたものを
それらしく整形して取り付け。
その前に艦首はプラ板の厚みだけ削って、
また糊代とする為に平らにしました。
フェアリーダーの両サイドと船体に隙間が開くので
思い切りラッカーパテを盛ってあります。



甲板ではあちこちの部品取り付け穴に
適当なプラ棒を突っ込んで、パテを盛って埋めてやりました。

また、錨鎖穴(名称なんだっけ?)は0,6mmピンバイスで開口の上、
カッターなどで整形しました。

照月1215-3




あとは艦首フェアリーダー付近を整形して、
船体全体を800番~のヤスリで磨いてやれば
ようやく船体の基本工作から開放されます(^^)



ここまで長かった~

これでようやく楽しくなってきました。



今日はここまで
スポンサーサイト
コメント

No title

左右同じ形に成形するのは難しいですよね
片側はバッチリ
反対側トホホ
よくあります 

フルハルモデルも良いですね
私も 積デルのフルハル伊勢作りたくなって来ました

No title

>MOZさん
左右均一にできないってのは
やっぱりフィーリング頼みなのが原因かなぁと思ってます。
あと、片方ある程度ちゃんとできると、
反対側では無意識に手を抜いて(なめて)しまっているんだと思います。

何事も集中でしょうね~。


フルハルしんどいです(もうヤラネ)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。