FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕製作記(3)

そろそろ愛宕の方に製作のメインを移さないと
参加中の日本海軍重巡洋艦祭りの期日に間に合わなくなりそうなので
またチョロっとですけど進めてみました。
(やった!飛ばせた!)


愛宕0202セルター甲板

艦橋基部の吸気口のところが愛宕では他同型艦よりも短いそうなので2mmほどカット。
あとからカバーをプラ板で貼ろうと思っています。
カットした裏側に空洞ができてしまったのですけど、
実艦だとやっぱり金網?でも貼ってあるんでしょうか?
どなたかご存知の方、教えて下さいm(_ _)m

ピンバイスで開口する艦橋前面の窓の高さが、
どうにも上手くそろえられません(汗)
もう一回埋めて彫りなおそうと思います。

セルター甲板のふちも
愛宕は段差なく船体につながっていたので
0,5mmプラ板を貼り付けてあります。
あとで削って整形です。



愛宕0202煙突周辺

煙突も二つとも組んでみました&トップも開口しちゃいました。
前部煙突の蒸気捨管は一番後方のものを
ジャッキステーのモールドをできるだけ痛めない様に削っています。
これだけで愛宕の煙突っぽくなると思うのですが?(甘い予想)

前部煙突のサポート支柱も悩んだ末、削り取ってしまいました。
期日があるのにどんどん作業量を増やして行っているような・・・(爆)

航空作業甲板の軌条も削ってしまってます。
セルター甲板との渡り廊下?が長さが微妙に足らなかったので
0,3mmプラ板を挟んでみました。
仮組みしてみたところ、バッチリOKです。

あと、セルター甲板を取り付けてしまうと
塗装しずらそうな所だけ、塗ってあります。
・・・ってこれもあとから検討してみたら、

リノリウム範囲全塗装 → セルター甲板・航空作業甲板取り付け

ってやれば1回でリノリウム色の塗装がすむのではないかと。
作業手順は良く考えないと、よけいな手間を増やしてしまいます(大汗)




愛宕0202後甲板

後部甲板付近では
舷側のキャットウォーク?を0,5mmプラストライプを貼り付けて再現。
前部甲板には表現されているのに
後部にはないんじゃ変ですからね。
(とはいえ完成したらあまり気にならないのですが)



と、いうところまで進めたのですけど、
貼り付けたプラ板のカタチを整えたり、
フェアリーダーやら舷外電路やらもまだ手付かずなので、
大いに焦りつつ、期日までに完成させたいと思いますよ~♪




今日はここまで
スポンサーサイト
コメント

No title

うちは注文したエッチングが届かないから進んでないです(汗
もっともちょっとスランプ気味なんでテンションが上がらないのもあるんですけどね

>艦橋基部の吸気口
金網が貼ってあると思いますよ
でないと人を吸い込んじゃうと思いますから(笑

>穴が上手くそろえられません
手法としてはマスキングテープを使って水平を出すとか。かね

No title

一気に進められましたねぇ。
高雄型の艦橋基部の吸気口ですが
軍艦メカニズム図鑑「日本の重巡」”高雄図”と
学研の「高雄型重巡」の模型の両者とも
”ちょっと奥まった所に縦3本横1本の格子があり金網がはってあります。”

煙突のくり抜きって、いつも思うのですが
くり抜く前はけっこう一大決心しません?
私はパーツを使っちまえというのと、くり抜いてデッチアップしろというのと
やる前はつねに葛藤があります(笑)

No title

>蒼月さん
スランプ中なんですか!?
そういう時は気分を思い切りかえるか、
何か(笑)で散財してスッキリしてみては如何でしょう(悪魔の囁き)

>手法としてはマスキングテープを使って水平を出すとか
やってみたんですけど、それでも上手くそろえられません(汗)
こういうところでまだまだ未熟さを痛感致します。



>シミソさん
>煙突のくり抜き
まだそんなにくり抜いちゃった事がないので
「勢い」だけでやってます。
気合を入れない時はこれからもキットパーツで満足してしまうと思いますし。
船体を切断するのに比べたら、葛藤も少なく感じますし。



蒼月さん、シミソさん
吸気口について教えて頂いて有難うございますm(_ _)m
やっぱり金網が張ってあるんですね。
では、適当なエッチングメッシュを貼っておこうと思います。
(プラの厚みが側板と点面で異なるのは見えない事にして)

重ねて有難うございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。