FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕製作記(4)

最近、更新サボってましたー。

と、いうのも
実家からスーパーファミコンが発掘されてしまい、
しかも20年近く動かしていないのに稼動してしまったので
懐かしさのあまり一緒に見つかった
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱで遊んでいました(^^;)

もう一つ理由がありまして、
なぜか1/72AFVが最近マイブームなのです。

Sd.kfz234/3を買いたくなり、
3割引で新品が買える模型屋さんで
箱に「シュツンメル」と書かれたキットを
「見つけたー♪」と
喜びいさんで買って帰ったものの、
家に帰ってよくよく見たら
同じシュツンメルでも
Sd.kfz251/9の方でした・・・orz

Sd kfz251-9

悔しいので頭にきて、早速作り始めてしまっています。
値段の割り(税込¥588)に結構楽しいので、
細かい事はわかりませんが、いいキットなのではないでしょうか?
(車輪のフチを黒く塗るのが面倒臭そうですが・・・)

1/72AFVはあと戦闘豹が入手できれば
欲しいキットがそろいます(イヒヒヒヒ・・・)



で、肝心の愛宕の方はといいますと、
まず、錨鎖をこりもせず
今回も手芸屋で買ったチェーンに置き換えました。
やっぱり大きすぎて、ケーブルホルダーから突き出しています(汗)

愛宕0212艦首

駆逐艦と違って、
錨鎖の道すじが単純なので簡単でした。



セルター甲板もようやく取り付けて、
艦首側の段差も修正しました。

CIMG3032.jpg

愛宕0212セルター

艦スペによると愛宕のセルター甲板はリノリウムがしかれていたそうで、
図書館から借りてきた
「呉海事歴史科学館編 日本海軍艦艇写真集 巡洋艦」 
に掲載されている
大改装後の愛宕を上空から撮影した写真でも
確かに艦橋脇と後部高角砲付近にリノリウム押さえらしきものが見られます。

なのでエバーグリーンのプラペーパーを
艦スペの図面を元に、それらしく推定した範囲にはりつけて、
伸ばしランナーでリノリウム張りを表現してみました。


ちなみに大改装後の愛宕を上空から写した写真は
他の本にもよく出ている写真なのですが(例:ハンディ版写真集など)、
この呉海事歴史博物館編の写真集だと
非常に鮮明に、どの艦も写っています。
とはいえ値段が値段(1冊¥5,000!)ですし、
幸いにも最寄図書館に全巻そろっているので
必要な時に借りてすまそうと思います。

プラペーパーを貼ったあとで気付いたのですが、
あとで取り付ける
探照灯台や機銃甲板の支柱の位置を
上手く避けているのか心配です(汗)


次は船体の工作をちょちょっと行うつもりです。




照月もわずかには進んでますので
近々報告させて頂こうかと思います。



今日はここまで
スポンサーサイト
コメント

愛宕、期待してます

はじめまして、XJunでーすと申します。
愛宕のシェルター甲板のリノリウム張りの再現。細かい校証ですね。(驚)私は範囲の特定が難しかったのでオミットしました。頑張って下さいね。

No title

>XJunさん
はじめまして!
実は結構リノリウム張りの範囲は適当です(笑)
なんたってほぼ現物あわせですし。
あまり凝りすぎると重巡祭りの〆に間に合わなくなるので、
この辺までにしておこうと思っています(^^;)

XJunさんは鳥海の完成に続き、摩耶もあと少しですね。
完成、楽しみにしています!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。