FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照月製作記(12)

ずいぶん間隔が空きましたが、
ようやく昨日、天候も良かったので
照月を塗装しました。

照月0421右舷 照月0421左舷後方 照月0421左舷前

照月は三菱長崎建造であり、
竣工時には佐世保色で塗られていたと思います。
また、所属も61駆逐隊なので、佐世保鎮守府の部隊です。
ですが南太平洋海戦時に損傷したようで、
(どのような損傷なのかは調べたけど分かりませんでした)
トラック島にて修理を受けています。
と、言う事は、その際にトラック島=横須賀鎮守府なので
横須賀色ベースで塗装されたのではないかと。
なので今回、横須賀色で塗装しております。

上手くマスキングできていたようで、
ほとんどリタッチの必要がなさそうです(^^)
艦底も違和感なく船体とあわさっています。



しかしながら、イイ事ばかりではありません。
前回、思ったより良さげと書いた
木工ボンドでクリアー化を図った探照灯ですが、
マスキングゾルを剥がした時に、
一緒にボンドもポロっと取れてしまいました・・・orz

照月探照灯0421

めげずにもう一度、
この状態から、ボンドを使ってみようと思います。

装備品も塗装は済ませておいたので、
あとは短艇や舷灯、信号灯などの塗り分けと
それら含む武装の取り付け、
そして張り線を残すのみです。
ここからは破損に注意しながら作業をすすめていこうと思います。

台座もまだ塗装していませんが、
これも近々塗装しようと思っています。



空き時間にAFVを作りながら(笑)

Ⅲ号L・N



今日はここまで 
スポンサーサイト
コメント

No title

ぉおー全体像が^^素晴らしいです^^
マストの細さがイイ感じなんでしょうか、すごく
精密なイメージを受けます!
塗装はいつもながらすごく丁寧でいつも感心する
ばかりですー
いろんなテクニックの積み重ねでしょうね。
駆逐艦らしい!?スマートな仕上がりを見て
いると、作りたくなってきますね><駆逐艦。
完成楽しみにしておりますー^^

損傷

照月の南太平洋海戦での損傷は
直撃を受けたわけではなく至近弾による損傷ということなので
舷側外板の歪みや小孔程度と思われます。
艦尾付近なら推進装置損傷も考えられますが…。

損傷の有無にかかわらず本土帰港の際は装備追加に加え
汚れ落としや塗装もしなおされると思いますので
その時の寄港地のカラー?で正解だと個人的に強く思います。

>張り線・・・
今の私には萎えそうな単語です(笑)

No title

>ロコさん
いやー、塗装はいつも
吹きっぱなし、塗りっぱなしですよ(汗)
面倒なのと、キライなのでウェザリングも全くしませんし。
リタッチがこれも面倒なので
できるだけチマチマとマスキングするようにしてはいますが。



>シミソさん
>至近弾による損傷
おぉー、ありがとうございますm(_ _)m
まぁ、トラックで工作艦(明石?)による修理
という所までは調べられたので、
たいした事ない損傷だったのだとは思っていましたが。

本当は横須賀色だけでなく、
他の艦が陸揚げしていった
各工廠の塗料を適当にブレンドして塗られていたのでしょうけれど、
まー、面倒なので1色で(笑)



コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。